【2018】地引網体験に行ってきました!持ち物や服装など注意点も

地引網体験の持ち物や服装について

我が家では毎年夏の恒例イベントになっている地引網。

地引網ってどこで探すの?

どんなことをするの?

どんな服装や持ち物が必要?

などママ友に聞かれたので今回は地引網の体験談を詳しく書いてみました 😉

スポンサーリンク

地引網体験・イベントの探し方

地引網体験やイベントの季節は主に6月~9月。夏休みのイベントとして開催している地域も多いですね。

場所は海のある県ならたいていあります。関東のイベントとしては神奈川県や千葉県の九十九里や茨城県の大洗などなど。

地引網体験の探し方は漁港のイベントして行っていたり、海のそばの旅館・ホテル・民宿で行っていたりします。

あと、意外に盲点なのが広報です。

市や区で配布されている広報に地域の地引網情報がけっこう載っていたりすることがあります!(我が家は広報からの情報が多いです)

地引網体験のお値段・金額は?

地引網の費用・値段

これは地域やその漁港によってお値段が違います。

漁港や旅館などの主催だと1人3000円前後が多いようですね。

会社や個人で漁港に連絡し1網数万円で貸し切りすることも出来ます。

いちばんお得なのは市のイベント。無料~500円程度で地引網体験が出来るところが多いです。

我が家がよく行くのは海岸清掃をしてからの地引網体験。市のイベントなのでもちろん無料 😉

地引網体験の大まかな流れ・やり方

地引網によっても多少違いはあると思いますが我が家が行っている地引網体験を例にして大まかな地引網の流れを紹介しますね。

地引網は早朝集合

地引網体験はたいてい朝早いです!早起き厳守。

早朝5:30集合なんてところもあります。だいたい朝7時ぐらいが多いかな?

朝の方がお魚がたくさん採れる可能性が高いです。

地引網の方法

地引網の方法は船や網の大きさにもよりますがだいたいこんな感じ。

1:2艘の船で沖に出て網を沖に沈めます
2:網の両方の端をそれぞれ持って引っ張ります
3:ひたすら砂浜まで網を引っ張りあげる
4:網にお魚がいっぱい入ってる!(入っていない場合もあり)

沖に出て網を仕掛けるのは漁師さんがやってくれるので私たち体験側はとにかくひたすら綱を引っ張ります笑

綱の引っ張り方は漁師さんやスタッフさんが教えてくれると思いますのでその指示に速やかに従ってください。

よく勘違いしている方も多いのですが地引網の網は綱引きのようにその場で引っ張るのではなく、ベルトコンベヤーのように動いて引っ張ります。

綱の終点に来たらまた海側の先頭に戻って綱を持ち歩きながら引っ張っていくんです。

地引網のやり方

みんなこっち側(海と反対方向)向いてるでしょ?^^

そうしないといつまでたっても網が巻けないので気をつけてくださいね。

こうしてみんなでどんどん綱を引っ張っていくと目印の浮きが段々近くになり網が出てきます!

地引網で大漁に採れました

網の中にはお魚が大漁!!

残念ながら大漁じゃなくて不漁の時も当然あります(;´д`)

その時はいくら引っ張ってもわりと網が軽かったりします。

前日に他の定置網・地引網が入っていた、前日が雨だった・荒れていたなどだと不漁の時が多いですね。

採れた魚はどうするの?

地引網体験で採れた鯛

頑張って引っ張ったかいがあって大漁に採れた魚たち!

もちろんご褒美として地引網体験をした人たちに配られることがほとんどです。

その配り方は地引網体験ごとに違いがあります。

よくあるのはじゃんけん

勝ち抜いた人から鯛やヒラメなど上物の魚をゲット出来ます。

地引網によっては均等に配分されたり、クジによって分けるところも。

分けるほどがない不漁の時は旅館が持ち帰り夕飯として出してくれたりするところもあります 😀

我が家はこんな大きなスズキをもらいました!

地引網で採れたスズキ

鯛やヒラメとかもらっても家で魚を捌くのは大変!!という場合も地引網によっては漁師さんが捌いてくれるサービスもありますので問い合わせてみるといいですよ(別途料金がかかるところが多いです)

地引網におすすめの服装と持ち物

初・地引網デビュー!何を着たらいいのか・持って行ったらいいのか迷ってしまいますよね。

私がいつも地引網に着て行く・持って行くのは

・軍手(素手より楽)
・ビニール袋(濡れたものを入れたり魚をもらった時にも使える)
・クーラーボックス(保冷剤を中に入れておく)
・飲み物(熱中症に注意)
・タオル(首に巻く)
・バスタオル(濡れた時用)
・着替え(濡れた時用)
・ウェットティッシュ(あると便利)
・サンダル(かかとが脱げないもの

などは必ず持って行きます :-D特に軍手はあると便利ですよ。

鉄板なのは大人も子供も

動きやすい服装

これがいちばんです。とにかく夏の砂浜で綱を延々と引くので動きやすく、濡れたり汚れてもいい服、汗を吸うファッションを選んでください。

靴は何がいい?クロックス・ビーチサンダルはOK?

砂浜の上で綱を引っ張るのでビーチサンダルだと脱げやすいし力が踏ん張れません。クロックスを履いてる方も多いですがこちらもあまり踏ん張りがきかないです。

出来ればかかととつま先を覆っているマリンシューズを1足もっておくと普段の海や川のレジャーにもとても便利ですよ。

特にビーチサンダルなどつま先が出ているサンダルは地引網の綱を引いてる時に足を踏まれてしまう危険性が高いです。みんな足元見てないからね^^;

貴重品などは手に持てるようにウエストポーチや小さ目のリュックがおすすめです。

地引網でこれはしちゃダメ!!

楽しい地引網。家族のイベントとして人気ですがマナーを守って楽しみましょ。

  • 地引網なのに網を引かない
  • 網が出てきた時に割り込む
  • 採れた魚を割り込んで取る

当たり前のことですがこれは絶対やってはいけないマナー違反ですよ~。

地引網なのに網を引かない

地引網を見ているママ

そりゃね、地引網の綱を引っ張るのってけっこう大変なんですよ。体力いるんですよ。

わかります。でも、でもね、

みんなが一生懸命引っ張っている中、

開始から終了までずーーーーーっと

ママ同士集まっておしゃべり。

あなたたち何しに来たんですか?

地引網って子供に体験させたいからと親子連れで申し込む人がほとんどなのですが網を引くときは

家族みんなで引こう!

と、いうか大人も綱引かないといつまでたっても網引けません。子供の力だけじゃ無理なんです!

砂浜に持って行く荷物は必要最小限にして、タオルなどは目の届く場所に置いてみんなで綱引きましょうよ。

ママさん同士でおしゃべりなんて何時でも出来るんだからさ、家族みんなで楽しみましょ。

網が出てきた時に割り込む

これも網を引いてなかったのに地引網が見え出したとたん、突然しゃしゃり出てくるおばちゃん、子供にありがち。

割り込みはダメですよ。

最後は漁師さんが網を引き揚げることがほとんどですのでジャマになります。

採れた魚を割り込んで取る

子供によくあるけど大人もけっこうやってます。

基本的に

網にかかった魚を勝手にとってはいけません

ピチピチ新鮮なお魚さんが飛び跳ねているとね、触りたくなってしまうのですが地引網で採れた魚は後から仕訳して配られることがほとんどなので勝手に取ってはダメです。

(インスタ)映えのためにわざわざ網に手を突っ込んで子供に持たせてる強者ママもいましたが当然漁師さんに怒られていました。

地引網体験を楽しもう!

地引網体験

家族みんなで楽しめる地引網。夏の思い出の絵日記などにもイラスト映えします。

頑張って家族で地引網した後でもらえるご褒美の魚は格別!

地引網で採れたスズキ

※地引網でもらったスズキのお刺身とカマ焼き 😉

ぜひいちど体験してみてください。

スポンサーリンク
\参加してます♪/
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする