【2018】長岡米百俵まつり・酒の陣イベント・駐車場情報

長岡米百俵まつり

こんにちは、シノンです 😀

平成30年は長岡開府400年、戊辰戦争から150年という節目の年です。

米百俵まつりでは時を越えて1日限りの「長岡藩」を見ることが出来ます。

スポンサーリンク

【2018】長岡米百俵まつり・酒の陣のイベント日程

2018年の長岡米百俵まつり・酒の陣は平成30年10月6日㈯になります。

日程:平成30年10月6日㈯

越後長岡時代行列

場所:大手通り周辺・アオーレ長岡ほか
時間:午前11時30分~午後17時

越後長岡酒の陣

越後長岡酒の陣

場所:シティホール アオーレ長岡
時間:午前11時30分~午後17時

越後長岡にある16蔵元が集合、地酒の提供やおつまみメニュー、お酒の販売コーナー、利き酒チャレンジなどのイベントが行われます。

入場は無料ですが、地酒を飲むにはチケットが必要。

地酒・おつまみチケット1000円
チケット10枚分・オリジナルおちょこ・和らぎ水付き

長岡米百俵まつり・酒の陣の見どころ

米百俵まつりの見どころは何といっても「越後長岡時代行列」

長岡藩と西軍の合戦シーンや米百俵の儀、戯曲「米百俵」の寸劇など盛りだくさんの内容で当時の長岡藩の様子と歴史を知ることが出来ます。

他にも米百俵リレー・フリーマーケット・和太鼓競演・米百俵囲碁まつり・猿回しステージなどのイベントがありますよ。

米百俵の精神とは

戊辰戦争に敗れた長岡はその日に食べるものすらない焦土と化した土地になってしまっていました。

当時の三根山藩(現在の新潟県新潟市西蒲区峰岡)から米百俵の援助が届きましたが長岡藩士 小林虎三郎は「米を分配しろ」と迫る藩士の意見を退け、その米を売却し勉学に必要な書籍・文具などを購入、国漢学校の資金にした逸話が残っています。

 「この米を、一日か二日で食いつぶしてあとに何が残るのだ。国がおこるのも、ほろびるのも、まちが栄えるのも、衰えるのも、ことごとく人にある。……この百俵の米をもとにして、学校をたてたいのだ。この百俵は、今でこそただの百俵だが、後年には一万俵になるか、百万俵になるか、はかりしれないものがある。いや、米だわらなどでは、見つもれない尊いものになるのだ。その日ぐらしでは、長岡は立ちあがれないぞ。あたらしい日本はうまれないぞ。……」

引用:山本有三の戯曲『米百俵』

未来を見据えた小林虎三郎の思想と行動は「米百俵の精神」として今も長岡市民の人たちに愛されています。

長岡米百俵まつり・酒の陣へのアクセス・場所・駐車場情報


電車:JR信越本線「長岡駅」より徒歩で1分
車:関越自動車道「長岡IC」より車で30分

米百俵まつり実行委員会(事務局:長岡市観光事業課)
長岡市大手通2-6フェニックス大手イースト長岡市役所大手通庁舎6F
TEL (0258)39-2221 FAX (0258)39-3234

駐車場はある?

長岡駅周辺にいくつか駐車場がありますが米百俵まつりの当日は長岡駅前から交通規制がはられます。

電車など公共交通機関を利用をおすすめします。

トイレはある?

アオーレ長岡・まちなかキャンパス・長岡市民センター・カーネーションプラザにトイレがあります。

【2018】長岡米百俵まつり・酒の陣イベント・駐車場情報のまとめ

米百俵をテーマにした米百俵まつり。

総勢約500名の隊列が並ぶ圧巻の越後長岡時代行列は長岡藩の歴史を知ることが出来ます。

戊辰戦争後に贈られた米百俵に忠実に基づいて米を担いで走る「米百俵リレー」やフリーマーケット、猿回しステージなどイベントも多く開催しているので1日楽しめるお祭りです。

アオーレ長岡ではお酒好きにはたまらない長岡の蔵元が勢ぞろいした越後長岡酒の陣も同時開催していますよ 😀

スポンサーリンク
\参加してます♪/
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする