【新潟県長岡】江口だんごに行ってきたお団子・笹団子レポ

新潟県長岡の江口だんご

新潟、長岡で有名なお団子屋さんと言えば江口だんご。創業明治35年の老舗お団子店です。

新潟県伝統の笹団子やちまきはもちろん、最近ではプリンやロールケーキなど洋菓子も販売しています。

そんな江口だんごの本店に行ってきました!

スポンサーリンク

何食べる?江口だんごの商品のメニュー・種類

新潟県長岡の江口だんご

江口だんごの商品はとにかく豊富!どれを選べばいいか迷ってしまうほどです。有名なところだと

笹団子

国産の良質のお米を使って作られた笹団子、北海道産大豆を使った餡子は甘さ控えめで笹のいい香りとよもぎの香りを引き立たせてくれます。

笹団子を包むのは今も昔ももちろんひとつひとつ手で作られています。

昔ながらの後蒸し製法で作られているためもっちもち!

新潟土産には絶対外せない鉄板お土産です。

冷凍保存も可能なのでたくさん買っても安心♪

豆大福

新潟県のもち米(コガネ餅)を使った豆大福。紅白まんじゅうで販売しています。

ほんのりの塩気のしょっぱさと餡子の絶妙なバランスがたまらない大福です。

豆にはよく豆大福で使われているエンドウ豆ではなく、長岡独特の「青入道(大豆)」が使用されています。

餡子の中身は紅の大福はこしあん・白の大福は粒あんになっていますよ。

みたらし団子

本店の入り口では土日限定でその場で食べれるみたらし団子の販売がされています。

おやつにぴったり♪


こしあん・抹茶・ごま・しょうゆ・海苔の5種類入った5色団子は江口だんご名物のひとつです。

プリン

江口だんごではプリンやロールケーキなどの洋菓子も販売してます。

プリンは「みたらし味のだんご屋プリン」という名前で販売。1個300円と決して安くないプリンなのですが濃厚な味わいとみたらし味はお団子屋さんならではの味わいです。

一升餅

一升餅とは赤ちゃんが1歳のお誕生日に

「一生食べ物に困りませんように」

と願い、一升のお餅を風呂敷に包み赤ちゃんに背負わせるお祝いです。

江口だんご屋では赤ちゃんが背負いやすいようにリュックも販売しています。使用しているもち米は新潟県産「コガネ餅」

赤飯

お赤飯と言うと赤い色のお米を想像しますよね?ですが新潟県長岡のお赤飯はお醤油味のお赤飯なんです。

地元長岡のしょうゆとお酒で味付けされたお赤飯は長岡ならではの名物。ぜひ一度食べてみてください。

他にも季節によって桜餅・いちご大福・笹餅などいつ行っても季節を感じる和菓子が販売されています。

江口だんご屋に行ってきたレポ

私が行ったのは江口だんご屋の本店です。

お団子の看板が目印になっています。

新潟県長岡の江口だんご

古民家を改装した本店は雰囲気があってとてもいいですね~。

新潟県長岡の江口だんご

駐車場もありますが土日はけっこう混雑するので要注意です。

中は広く、カフェや笹団子の体験教室などが出来るスペースなどがあります。

新潟県長岡の江口だんご

日本庭園もキレイ!紅葉の時期もきっときれいなんだろうな。

新潟県長岡の江口だんご

私が購入したのはみたらし団子とあんこのお団子 😉 💕

新潟県長岡の江口だんご

2種類が5本ずつ入っています。

出来立てのお団子はふわふわもちもち~!!

あ~美味しい!

串団子の場合、賞味期限は当日なのでその日のうちに食べてくださいね。

江口だんご本店カフェ

新潟県長岡の江口だんご

江口だんご本店には甘味処のカフェも併設しています。

夏には限定でかき氷も販売。

みたらし団子かき氷などコラボ商品もあります。

カフェはいつも混雑していて1時間待ちの時もありますので時間に余裕を持って行きましょう。

江口だんご各店舗

江口だんごは新潟県長岡市に5店舗あります。

・本 店
・西津店
・坂之上店
・江陽店
・曙 店

本店にはカフェや本店でしか食べられない焼きたて団子などがありますが、車がないとちょっとアクセスが厳しいのがネック。

ですが坂之上店なら長岡駅から徒歩5分の場所にありますので新幹線組にも江口だんごを購入することが可能です 😀

江口だんご本店の場所・アクセス・駐車場情報

江口だんご本店
住所:〒940-2043 新潟県長岡市宮本東方町52−1
電話:0258-47-4105
営業時間: 9時00分~18時00分
定休日:元旦のみ

江口だんご店に行ってきたレポのまとめ

青空レストランでも宮川大輔とIKKOが食べていた江口だんご店。

おなじみの笹団子やみたらし団子だけではなく、プリンやロールケーキなど洋菓子もあります。

老若男女みんなが美味しいと食べられるお団子屋さんですよ。

スポンサーリンク
\参加してます♪/
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする